読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェルスクリプトの本を読んでシェルを書いてみた

シェルスクリプト 基本リファレンス」の本について

今回、読んでみた本は以下の「シェルスクリプト 基本リファレンス」だ。

[改訂新版] シェルスクリプト基本リファレンス  ??#!/bin/shで、ここまでできる (WEB+DB PRESS plus)

[改訂新版] シェルスクリプト基本リファレンス  ??#!/bin/shで、ここまでできる (WEB+DB PRESS plus)

総評

まず対象としてる読者はLinux で基本的なコマンド(ls, cp, mv など)を使うことができる人となっているが、 一から説明してるので初心者でも大丈夫だ。

内容としてはBシェル系、Cシェル系の違いや「#!/bin/sh」の説明など基本的なことから、 シェルの文法、シェルのコマンドなど基礎的な事柄をしっかり説明している。 ノウハウなど一部、実践的なことも書いてある。

総評としてはシェルを書き慣れていない人にはオススメの一冊である! 是非とも読んでみてほしい。

シェルスクリプト解説

#!/bin/sh, #!/bin/bash の意味

正直、シェルスクリプトの一行目に「#!/bin/sh」を書くのは慣例だと思っていた。 が、違った!ちゃんと意味があった。

単純に言えばシェルスクリプトに何を使うか、だ。

  #!/bin/sh

と書くと、Bourne Shell が使われる。 「#!/bin/bash」ならBourne-Again shell だ。bash のほうがsh より高機能。

では、ターミナルを開いたときにどのシェルと使ってるかは以下のコマンドで調べられる。

  echo $SHELL

パラメータ展開

パラメータは$をつけることで表される。 主なところはこんな感じだ。

書き方 説明
"{$HOME}" 変数の値を参照
"$1","$2",.. シェルスクリプト、シェル関数の引数を参照
$0 シェルスクリプト名を参照
"$@" シェルクリプト、シェル関数の引数全てを参照
$# シェルスクリプトの引数の個数
$? 直前のコマンドの終了ステータスを参照

ついでにダブルクォートで囲んでいるのは パラメータ展開をしたあとの文字列をパラメータ展開などを行わずに 文字列として展開することを示している。

例えば

  file=*
  echo $file
  # 現在のディレクトリの全ファイル、フォルダが表示
  echo "$file"
  # * が表示

のように、ダブルクォートで参照した文字列を再度、展開することを避けてくれる。

$#,$?などは数字の文字列が返ってきて、パラメータ展開などされる心配がないので、 ダブルクォートで囲んでいない。

シングルクォート、ダブルクォート、バックスラッシュ、バッククォートの違い

正直これはこの本を読むまで全く分からなかった。 これが分かっただけでもこの本を読む価値がある。

ここでは簡単なまとめを表にする。

パラメータ展開 コマンド置換 説明
シングルクォート × × 文字通りの意味として解釈される
ダブルクォート ○(``で囲む) $,`,\ の特殊文字が解釈される
バックスラッシュ - - 次の文字が特殊な意味を失う
バッククォート × 囲まれた部分がコマンドとして実行される
  echo '$HOME'
  # $HOME
  echo "$HOME"
  # /home/aha_oretama
  echo \$0
  # $0
  echo `expr 1 + 1`
  # 2

役立つテンプレート

他の人のシェルを見てると使い方、初期チェックなど お決まりの定型句があるように見えるが、 その定型句が人によってバラバラだったので全然覚えられなかった。

ここでは自分が一番良いと思った定型句を書く。

#!/bin/sh ← 何のシェルスクリプトを使うかを指定

# 使い方を指定
usage () {

cat <<EOT
Usage:
  "$0" [-o outputPath] targetFile
Description:
  Unzip file.
  File extension includes .tar .tar.gz .tar.Z .tar.bz2 .zip 
Options:
  -o  output-directory
EOT
## ヒアドキュメントで記載
## <<HOGEで始まり、次にHOGEが出るまでヒアドキュメントとなる

exit 1
}

# オプションの設定
# o: のようにコロンはオプションに引数があることを示す
while getopts ho: option
do 
  case $option in
    o)
      OUTPUT_PATH="$OPTARG"
      ;;
    h)
      usage
      ;;
    \?)
      usage
      ;;
  esac
done

# オプションを除く
shift `expr "$OPTIND" - 1`

# オプション以外の引数を確認
if [ $# -lt 1 ]; then
  usage
fi

最後に

この本はシェルスクリプトを学びたい人にとっては 基礎を固める最良の本となる。

この本を読んで作った簡単なUtil シェルを GitHub にあげたのでぜひ参考にしてほしい。

github.com